スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

但熊~バーガーシティ

兵庫県は豊岡にある卵かけご飯専門店『但熊』に行って来ました。
京都にある卵かけご飯専門店『弁天の里』には二度ほど行った事がありますが、
但熊に行くのは初めてです。

店に辿り着くと既に多くの人が行列を作り、その人気ぶりが窺えます。
早速行列に並ぼうと店に近寄ったところ、入口付近に『先に中で会計を済ませ、整理券を受け取ってください』と書いてある。
なのでさっさと中で会計を済ませました。注文したのは大盛り450円。

待ち時間50分ほどと言われたので、車の中でスマホを眺めたり今日書く分の小説の話を考えたりと
しているうちに、自分の番号がスピーカーで呼び出されたので店の中にさっさと入る事にしました。

店の広さはそれほど大きくありません。中央に大きなテーブルが一つあり、壁に添うようにカウンター席が並びます。店に入ると同時に厨房から差し出された料理を受け取り、好きな所に腰かけると食事開始です。

ご飯のお替りは150円と有料ですが、卵はあるだけ使ってもよく、テーブルに備え付けてある海苔も自由に食べていいみたいです。

さて問題の味です。美味しい事は美味しかったんですが、かけられる醤油の種類が二種類しかなかったのが少し残念。弁天の里ならもっと多くの醤油があって様々な味を楽しめたんですが、ここではそれが出来ない。不満と言えばそれぐらいだったので、特にこだわりの無い方は近い方に足を延ばしてはいかがでしょうか?

ちなみに、画像は女子トイレだそうです。変わった形をしてますね。

但熊 

大盛りを食べても腹八分目だった私は、次に同じ豊岡にあるご当地バーガー屋さんの
『バーガーシティ』に足を延ばしました。以前ここを目指す途中にエストレヤが故障したので、
今回は車でのチャレンジです。

店の近辺は駅の近くだと言うのに人っ子一人居ない。多くのテナントが空になっていて、
物凄く寂しい雰囲気の町でした。少々不安になりながら店に入り、カウンターに突っ伏していた店員さんに店のおすすめと書いてあった照り焼きバーガーを注文します。

バーガーシティ 

店内は狭いため車の中で食べる事にして、時間を待たずに出て来たハンバーガーを手に取り店を後にしました。車に戻ってさっそくかぶりついてみたものの…凄く残念な味です。
290円と安めの為か、正直コンビニにあるハンバーガーと大差が無い。
これでご当地バーガーを名乗るのは無理があるかなと思ったのが正直な感想です。

まあルート65が圧倒的だっただけで、これが普通なのかも知れませんね。次は他のバーガー屋を探してみます。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。